書き方

なぜ鉛筆の正しい持ち方が大事なの?

『正しい鉛筆の持ち方』①鉛筆を親指と人差し指で挟む。②中指はそえるだけ。(中指まくら)③うずらの卵をにぎっているつもりで、優しくにぎる。小学校に入ったころは正しい持ち方を先生に教えてもらって、持てていたはず。もう一度、鉛筆の持ち方についておさらいしてみませんか?

日々のこと

書いた文字をデザイン!お習字Tシャツの作り方

書いた文字をデザインしてシャツを作りました。白いTシャツに黒い毛筆の文字。以前、作ったTシャツは、使い込むうちに、筆で書いたような味が増してきました。今回も大事に使います。

習字

習字のとき、左手で半紙をおさえる理由

「お習字をするとき、どうして左手で半紙をおさえるの?」書き方教室で子どもたちからの質問。紙がずれないように、書きやすいようにというだけでなく、身体のバランスをとるという意味もあります。
習字

“ニッポンの終活”というサイトの題字を書きました

鎌倉新書という会社の「ニッポンの終活」というサイトで題字を書かせていただきました。 「終活」というのは、最近よく耳にする言葉です。 人生の最後をある程度見据えて、もしもの時に困らないように、できることから準備をする。例えば、不要...
書き方

塾の先生が求める「きれいな字」とは?

先日、小学5年生のお母さまから、こんなお問い合わせをいただきました。 「うちの子、字がきたないの。どうしたら上手に書けるようになるかしら?」 お話と聞いていると、通っている塾の先生から、「字がきたないと受験で落とされてしまう」と...